SHIBUYA F&A SHIBUYA F&A
渋谷ファッション&アート専門学校

服飾専門課程
(ファッション)

スプリング・コート

Spring coat

ファッション豆知識COLUMN

春到来。すっかり暖かくなりましたね。
春は新しいシーズンの始まり。新生活を始める人も多いことでしょう。

さて、今月から新しいコンテンツが始まります。ファッションに興味のある皆さんに向けて、豆知識をお届けします。

第1回目のテーマは、スプリング・コート【Spring coat】

春夏秋冬という四季がありますが、ファッションはその四季に合わせてビジネスサイクルがまわっています。よくファッション雑誌でS/SとかA/Wという言葉をみかけませんか?これは、Spring(春)/ Summer(夏)とAutumn(秋)/ Winter(冬)の略です。日本のアパレル業界におけるビジネスサイクルでは、だいたいSpring(春)は2月から4月、 Summer(夏)は5月から7月、Autumn(秋)は8月から10月、Winter(冬)は11月から2月とされ、その時期にそれぞれの季節の企画ものが売り出されます。

春物といえばスプリング・コートという薄手のコートがありますが、実はこの言葉は和製英語だって知っていましたか?欧米ではTopcoat(トップコート)と呼ばれているそうです。

スプリング・コート【Spring coat】

<春のコート>という意味で、いわゆる合コートとして春秋の軽い寒さを防ぐ薄手のコートの総称である。薄いウールなどを用いて半裏に仕立て色も薄いものが選ばれる。衣服に対する季節感が日本ほど強くない欧米では、トップ・コートがこれに近いものにあたり、スプリング・コートというよび名は日本でのみ用いられる和製英語である。

解説:「新・田中千代服飾事典」より

今年も定番のトレンチ・コートがトレンドですが、今年はさらにオーバーサイズもの、スリーブデザインやバックプリーツデザインに一工夫ある様々なヴァリエーションのものが、各ブランドから発売されています。

トレンチ・コート【Trench coat】

前の打合わせがダブルでベルトでしめたラグラン型のコートのこと。これは第一次世界大戦のとき、イギリス兵が塹壕(ざんごう=トレンチ)で着たものがそのおこりで、大戦後ひじょうに流行した。現在でも、レインコート、ダスター・コートなどにこの型がみられる。

解説:「新・田中千代服飾事典」より

なんとトレンチ・コートは、ミリタリー・スタイルでした。人気のミリタリー・コートも今年も引き続き人気です。気分やTPOに合わせたスプリング・コートを着回して、春のオシャレを楽しみたいものですね。

文/佐藤 かやの(フリーライター)