このWebサイトは、2018年度より「田中千代ファッションカレッジ」から
「渋谷ファッション&アート専門学校」に改称し、新設された文化専門課程のご案内サイトです。

渋谷ファッション&アート専門学校 
文化専門課程・5つの特徴

  • 1

    カリキュラムで
    順を追って学べる

  • 2

    入学資格は
    高校卒業以上
    何歳でも

  • 3

    ライフスタイルに
    合わせやすい
    月曜日から
    木曜日まで
    週4日通学

  • 4

    1年ごとの継続を
    自分で判断

  • 5

    どなたにとっても
    会える同世代の
    仲間がいる

お知らせ

2018-11-09

11月は「学校説明会」特別月間

2019年度入学生のための「学校説明会」では、「学校の考え方」や「学べる…
2018-10-27

2019年度入学生募集について

ただいま2019年度の入学生を募集中で、資料請求頂いた方や学校説明会にお…
2018-10-03

「学校説明会」シーズン到来!

いよいよ「学校説明会」シーズン到来です!第1、第3木曜日11時より開催中…

過去のお知らせ一覧

ブログ

2018-11-12

クラッシック・インクづくりを学びそれを生かした抽象作品を制作

これも「大人の美術学校」の授業である。馴染みのあるブルーブラックイン…
2018-11-07

佐藤泰生展「今とあそぶ」

レセプションは人でいっぱいだった。銀座・日動画廊で11月6日(火)から19…
2018-11-05

テンペラによる古典模写 4

テンペラ画で古典模写の授業でやっている課題の一部を私もやってみていま…

ブログ記事一覧

新しくて古い「文化専門課程」

「田中千代ファッションカレッジ」はファッション分野の専門学校として80年以上の歴史を歩んできました。
2018年度より文化専門課程を加え、ファッションとアートの学校として生まれ変わります。
文化専門課程は、2017年度をもって閉校となる吉祥寺の武蔵野美術学園の創立の志や生涯を見据えた本格的な美術教育という考え方を引き継ぐ形で生まれました。
武蔵野美術学園は開かれた美術学校として、年齢に関係なく美術への情熱や探求心のある方々を初歩から順を追ってカリキュラムで育て、美術界の一翼を担える作家として美術界へ送り出してきました。
そうした考え方と方法を移植するように生まれた課程ですので、新設課程ですが、安心して学んでいただけます。

「文化専門課程」の学びについて

美術を学ぶうえで、何を大切だと考えるかによって、学校での学び方も異なってきます。
制作をしていくとき、よくデッサンを学ぶ必要があるかどうかという議論があります。絵画やイラストレーションでは描画力がなくても素晴らしい美術作品もありますが、私たちは描画力があった方がよいと考えています。そのため、文化専門課程のどのコースでも描画力のトレーニングを大切にしています。
学科別に学び方をみると美術表現科はどちらかというと制約のある実習が続きます。その後、造形表現科では、少しずつ自己の表現を取り入れ、表現研究科では自分の表現や手法を発見し、深めていくことを大切にしていきます。