日本画コース

描写力をしっかりと身につけ
日本画の知識と伝統的な技術を基礎から学ぶ

 

日本画独自の表現のバリエーションと可能性を学ぶ

日本画コースではまず一番の基礎である写生(デッサン)からはじまります。植物、動物、人物、風景などを描きながら日本画独自の観察、表現を学びます。

制作では墨線描き(骨描き)から小下図、大下図などの段階を追って制作を進めるという伝統的な手法を身につけていきます。また、古典模写を通して先人の筆使いや表現方法を追体験する実習も行います。

日本画と聞くと、花鳥風月を題材とした様式的な作品を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、現代では伝統にとらわれない表現の作品も数多くあります。

日本画の画材は粒子の大小を持つ岩絵の具、多くの種類の和紙や絹などの基底材、また金箔、銀箔といった金属素材を使用するなど、様々な表現のバリエーションと可能性を持っています。

表現の基礎となるデッサンはもちろん、伝統的な表現法を学び、その上に個性的な各自の表現ができるよう指導いたします。

特色ある授業 ーワークショップー

岩絵の具

日本画コースでは、日本画独特の表現を学ぶワークショップを授業の合間に行います。

揉み紙や盛り上げ(掘り塗り)、絵の具を流したり、垂らしこんだり、岩絵の具の表現の幅を学びます。また、平らに塗る、ぼかすなど、簡単そうで難しいテクニックや、箔を使った様々な表現を一つのテーマごとに学習します。

(テーマ:揉み紙、盛り上げ、絵の具流し、垂らし込み、箔研ぎ出し、箔揉み紙、箔焼き、砂子、ぼかし、平らに塗る、裏彩色、絵を洗う)

カリキュラム・イベント

入学式
[共通授業]木炭・鉛筆デッサン
(石膏像・人体など)
日本画制作実習(静物など)
夏期休業
[共通授業]塑像制作
日本画制作実習(風景画など)
日本画制作実習(人物・動物など)
箔実習
冬期休業
修了制作
SEBIT東京都専門学校アート&
デザイン展
修了制作展
修了式

上記は前年度までの内容です。2021年度は変更の場合もあります。

先生よりメッセージ

  • 武井好之

    日本画家

    一枚でも多くデッサンをする。いい形がいい絵のもとになると思います。伝統的な技術や表現方法をしっかり学び、それをもとに個性的な表現を目指していきましょう。

  • 清水操

    日本画家・日本美術院特待

    日本画は美しい鉱石や貝などから作った絵具を膠水で溶いて描きます。伝統技法や新しい表現を学び、絵を描く楽しさ、奥深さを感じてください。