fbpx

公開講座

239

金継ぎ

講師
坂田太郎
漆芸家・元女子美術大学講師
開催日
全6回  原則第1・3週木曜日
1/7・21、2/4・18、3/4・18
時間
10:00 ~ 12:30
受講料
27,000円+教材費別途20,000円程度:初心者セット
申込み締切
2020年12月16日(水)

金継ぎとは、割れたり欠けてしまった陶磁器を漆で接着や補修を行い、金粉や銀粉等を蒔いて装飾する日本独自の優美な伝統技法です。

本講座では古来より伝わる伝統技法を正式に行い、100%漆のみで工程を進めます。大切にしていた器を、正しい技法でもう一度よみがえらせることができます。

初心者の方も、どうぞお気軽にご参加下さい。(本物の正式な金継ぎの為工程も多く、完成迄約一年掛けて作ります。)

【カリキュラム】
●1/7
各進行状況により工程が分かれる
下地空研ぎ・水研ぎ・下地付け・呂色漆塗りの反復
滑らかな地肌を作る為の反復作業

●1/21
各進行状況により工程が分かれる
下地空研ぎ・水研ぎ・下地付け・呂色漆塗りの反復
滑らかな地肌を作る為の反復作業

●2/4
各進行状況により工程が分かれる
下地空研ぎ・水研ぎ・下地付け・呂色漆塗りの反復
滑らかな地肌を作る為の反復作業
ヒビ(にゅう)金継ぎで進行が早い場合、呂色漆上塗りを行う

●2/18
各進行状況により工程が分かれる
下地空研ぎ・水研ぎ・下地付け・呂色漆塗りの反復
滑らかな地肌を作る為の反復作業
ヒビ(にゅう)金継ぎで進行が早い場合・・・地塗り>金粉銀粉蒔き(消し粉もしくは丸粉)

●3/4
各進行状況により工程が分かれる
下地空研ぎ・水研ぎ・下地付け・呂色漆塗りの反復
滑らかな地肌を作る為の反復作業
ヒビ(にゅう)金継ぎで進行が早い場合・・・粉固め(一回目)

●3/18
各進行状況により工程が分かれる
下地空研ぎ・水研ぎ・下地付け・呂色漆塗りの反復
滑らかな地肌を作る為の反復作業
ヒビ(にゅう)金継ぎで進行が早い場合・・・粉固め(二回目)

【初日の持参用具】
◎エプロン
◎薄手のゴム手袋
◎筆記用具
◎割れた器など(お持ちでない方は、練習用に割ることができる器をお持ち下さい)

陶器