公開講座

109

久野和洋ゼミナール講座

講師
久野和洋
洋画家・立軌会同人
開催日
全6回 原則月曜日 10/19、11/16、12/21、2021/1/18、2/1、3/1
時間
13:00 ~ 16:00
受講料
61,200円
申込み締切
2020年10月07日(水)

絵画制作を通して受講者の個性や能力の発揮を支援します。今回の講座は、裸婦モデルを対象としたデッサン、クロッキー実習と講評、受講者が 独自に制作している作品や課題作品による指導を同時進行的に進めていく講座となります。人体素描を講座に取り入れたのは、人体が表現に関わる者にとって重要な表現対象であるとともに、創作経験を重ねるなかで常に戻っていくべき起点だと考えるからです。講座のなかで人体描写とその講評を通じて、ものを観ることや対象を捉えることの重要性を体感してもらえることでしょう。独自制作については発想、エスキース、本制作といったすべての課程での疑問や悩みや技術的な問題の解決への道筋を受講生と共に考えていきます。そして受講者それぞれの個性や能力が最大限に発揮された作品づくりを支援していく講座です。具体的な進行は講座の状況をみながら講師が判断していきます。予定としてモデル実習は全6 回中4回となります。開講は月1回を予定しています。受講するには条件があります。大学などで行うゼミ形式の講座ですので、受講者は主に絵画制作による作家活動をめざしている方を対象としますが、必ずしもそのことにこだわりません。美大などで絵画基本の就学者であれば受講していただけます。受講時に制作中の作品の持ち込み・送付が可能で、その作品の指導を講師に受けたい方は、作品を持参するほか、事務室宛て送付することもできます。