公開講座詳細

341 秋

鉛筆からの可能性へ

  • 見学(無料)
  • 体験(有料)
  • 途中受講
  • 初心者歓迎
  • 美術専科
  • ラベルの説明
見学(無料)
無料にて見学が可能です。
体験(有料)
有料にて各講座1回の体験が可能です。受講料は別途ご案内いたします。
途中受講
開期途中からの受講が可能です。受講料は別途ご案内いたします。
初心者歓迎
初心者の方にも丁寧に指導いたします。安心してご受講ください。
美術専科
美術専科との合同講座になります。
講師
建石修志画家 講師プロフィール
開催日
全5回 原則 第2・4週 金曜日 10/14、11/11、11/25、12/9、12/23
時間
13:30 ~ 16:00
受講料
19,500円
申込み締切
2022年09月29日(木)

講座内容

この講座では、最も馴染みのある「鉛筆」を「画材としての鉛筆」として捉えなおし、モノトーンの繊細で奥深い作品空間を作り出すことを考えています。また、下地を活かした鉛筆画の方法、鉛筆の原点であるシルバーポイント、ハッチングを活かしたアルキド樹脂絵具によるインプリミトゥーラ(白色浮き出し)など、鉛筆画の周辺へも広げてゆき、表現方法の原点から幅を広げて行ければと思っています。

カリキュラム

 

10/14シルバーポイントを使用して「ダブルイメージ」で作品制作。
使用するイメージ資料など各自持参、大きさは自由。
 
11/11  〃 
11/25  〃 
12/9定着液(フィクサチーフ)を使用した様々な効果を利用して作品制作。 

12/23

  〃 

初日の持参用具

各自作品のイメージをした大きさのケントボード(KMKケント(両面)/白/A4サイズ/2mm厚 など)、シルバーポイント、サンドペーパー♯400、トレーシングペーパー、ジェッソ、各自好みの暗色のリキテックス(レギュラータイプ20ml×1本)、ボールペン、5cmほどの幅の刷毛

鉛筆、 練りゴム、消しゴム、羽箒、カッター(または鉛筆削り)

※鉛筆の硬度は4H〜4B、各1本があると良いです。鉛筆のメーカーは問いません。

〈4回目以降〉定着液フィクサチーフ

※画材の購入方法につきましては講座でご説明いたします。

教材費