公開講座詳細

102 春 NEW!

鉛筆からの可能性へ

  • 見学(無料)
  • 体験(有料)
  • 途中受講
  • 初心者歓迎
  • 美術専科
  • ラベルの説明
見学(無料)
無料にて見学が可能です。
体験(有料)
有料にて各講座1回の体験が可能です。受講料は別途ご案内いたします。
途中受講
開期途中からの受講が可能です。受講料は別途ご案内いたします。
初心者歓迎
初心者の方にも丁寧に指導いたします。安心してご受講ください。
美術専科
美術専科との合同講座になります。
講師
建石修志画家 講師プロフィール
開催日
全6回 原則第2・4週 金曜日 4/8、4/22、5/13、5/27、6/10、6/24
時間
13:30 ~ 16:00
受講料
23,400円
申込み締切
2022年03月28日(月)

受付終了

講座内容

この講座では、最も馴染みのある「鉛筆」を「画材としての鉛筆」として捉えなおし、モノトーンの繊細で奥深い作品空間を作り出すことを考えています。また、下地を活かした鉛筆画の方法、鉛筆の原点であるシルバーポイント、ハッチングを活かしたアルキド樹脂絵具によるインプリミトゥーラ(白色浮き出し)など、鉛筆画の周辺へも広げてゆき、表現方法の原点から幅を広げて行ければと思っています。

※ こちらの講座は現在定員に達しているため、キャンセル待ちのお申込みのみ承っております。

カリキュラム

4/8 人物(顔)をモチーフとして鉛筆の描写
サイズは自由(ケントボード)
4/22  〃
5/13  〃
5/27アクリル樹脂絵具を下地に活かした鉛筆画
サイズは自由(K-Kentボード)
用具:リキテックス・グレー(ニュートラル6,8)、刷毛、ラップ、水入れ
6/10  〃
6/24  〃

初日の持参用具

鉛筆、練りゴム、消しゴム、羽箒、カッター(または鉛筆削り)

※鉛筆の硬度は4H〜4B、各1本があると良いです。鉛筆のメーカーは問いません。

※画材の購入方法につきましては講座でご説明いたします。

教材費