公開講座

336

日本画周辺技法講座

カテゴリー

講師
武井好之
本学講師・日本画家
開催日
全6回 原則第2・4週 月曜日 10/4、10/18、11/1、11/15、12/6、12/20
時間
10:00 ~ 12:30
受講料
24,000円
申込み締切
2021年09月16日(木)

無料にて見学が可能です。
有料にて各講座1回の体験が可能です。受講料は別途ご案内いたします。
会期途中からの受講が可能です。受講料は別途ご案内いたします。

日本画の制作においては、様々な技法があります。長い歴史から生まれた技法、新しい技法、絵の具の使用法から、紙、絹の扱い等、多くのバリエーションがあります。それらの技法をシリーズで身につけていく講座が「日本画周辺技法講座」です。揉み紙、箔の活用、裏彩色などを学び、それらを組み合わせたり、変化させたり、各自のイメージ、目標に合わせて展開、発展させていきます。自分だけのオリジナルな技法を発明しましょう。

【カリキュラム】
■10/4
新規受講生:揉み紙➀
継続受講生(2021夏講座から):裏彩色➀(薄紙を重ねて)

■10/18
新規受講生:揉み紙➀の続き
継続受講生:裏彩色➀の続き

■11/1
新規受講生:箔を使った揉み紙➀
継続受講生:裏彩色➀の続き

■11/15
新規受講生:箔を使った揉み紙➀の続き
継続受講生:裏彩色②(生紙を使って)

■12/6
新規受講生:箔の研ぎ出し➀
継続受講生:裏彩色②の続き

■12/20
新規受講生:箔の研ぎ出し➀の続き
継続受講生:裏彩色②の続き

※継続の方は、次のステップのカリキュラムになります。

【初日の持参用具】
◎墨(油煙墨)
◎胡粉(花胡粉か白雪、寿などの粒子の荒いもの)
◎刷毛
※お持ちでない方は手ぶらで大丈夫です。

【教材費】
1回目 500円程度(用紙代)