公開講座

101

身近なものを絵にして楽しむ講座 【初心者向け】

カテゴリー

講師
飯美樹
本学講師・洋画家
開催日
全5回 原則第2・4週木曜日 4/22、5/13、5/27、6/10、6/24
時間
10:00 ~ 12:30
受講料
19,000円
申込み締切
2021年04月08日(木)
飯美樹 作品

絵になるモチーフといえば、美しい風景や、花束、美形なモデルさんなど、どこか特別で非日常な題材を思い浮かべる方も少なくないかもしれません。しかし、私たちの身近にあって普段目にしていながらつい気づかず見過ごしてしまっているようなものにも「絵画のたね」は存在します。そんな「絵画のたね」を作品にすることで、見過ごしがちなものの「美」を発見することができます。絵にするまでは気づかなかった、日常にある「美」を見つけてゆくことで画家としての目は養われ、絵を描くことがより楽しくなります。この講座では主に初心者を対象に、身近なものをモチーフにして自宅でも飾りやすい小さな絵画作品(サムホール大~4号まで)を制作します。制作を楽しみながらデッサンや色彩について学んでゆきます。

【カリキュラム】
■4/22 絵を描く流れについての説明 構図決めからデッサン
■5/13 デッサンの続き 支持体への転写・着彩
■5/27 着彩2回目
■6/10 着彩3回目
■6/24 着彩4回目 完成

【初日の持参用具】
◎鉛筆(3B、2B、B、F、H程度 必要に応じて買い足し)
◎ねりゴム
◎A4サイズ程度のクロッキー帳とスケッチブックもしくはそれくらいのサイズの用紙
画用紙は事務室で購入できます
絵具は初日は必要ありません

【教材費】
基本無し 画材は原則ご自身でご用意いただきます。