先生紹介

清野晃代Teruyo Kiyono 公開講座担当

画家

メッセージ

初心者から経験者まで、各自の個性を引き出しながら様々な画材へ挑戦していくきっかけとなるよう指導してゆきます。デッサンの基礎からスタートし、ポイントを押さえながら徐々にステップアップすることで、自分のイメージを自由に表現できるようになります。これから絵を描くことを趣味にしたい方が安心して描き進めて行けるよう、適宜アドバイスいたします。

経歴

1983
神奈川県横浜市生まれ
2006
武蔵野美術大学 造形学部 油絵学科油絵専攻卒業
2008
武蔵野美術大学 大学院 造形研究科美術専攻油絵コース修了 修了制作優秀賞受賞
2008~2012
武蔵野美術大学 油絵学科油絵研究室助手
現在
玉川髙島屋S.C.総合カルチャーセンター コミュニティクラブたまがわ講師。 当校公開講座講師。 横浜市民ギャラリー大人のためのアトリエ講座講師
毎年12月 あらかわ画廊にて個展。その他、個展・グループ展多数

 〇個展〇

2010年 -祖母との日常ー
    (特別養護老人ホーム 日の出ホーム)
    清野 晃代 展
    (銀座スルガ台画廊)

2011年 レスポール 2011 新人選抜個展 
    (銀座スルガ台画廊)
    
2012年 -バルドルの鳥ー (あらかわ画廊)

2014年 -風のなだりー  (あらかわ画廊)

2015年 清野 晃代 展  (あらかわ画廊)

2016年 -而今ー     (あらかわ画廊)

2017年 -而今Ⅱー    (あらかわ画廊)

2018年 -而今Ⅲー    (あらかわ画廊)

2019年 -Historic Sitesー (あらかわ画廊)

2020年 -野生の刻ー   (あらかわ画廊)

〇グループ展〇

2013年 はじめ展 (Gallery 枝香庵)’13 ’14 ’17
    -あ・ふ・る・る ものはー 二人展
                 (あらかわ画廊)
2014年 mooi(Gallery 枝香庵)’14 ’16 ’19
    SUMMER FESTA (Gallery 枝香庵) ’14 ’18

2015年 生き物のいる風景展 (あらかわ画廊)’15 ’16

2016年 藍墨ドローイング展 (あらかわ画廊)

2017年 <コレクター推薦作家展シリーズ>
   『関一彦・推薦作家展』Vol.2(東京九段耀画廊)

2019年 L'ESPOIR decade (銀座スルガ台画廊)
    チョイ怖い絵展   (あらかわ画廊)’19 ’20

2020年 L'ESPOIR selection (銀座スルガ台画廊)'20 '21
    New Horizons 2020
   (Ver West Gallery/Milwaukee WI,USA)

2021年 カイガノチカラ (Gallery 枝香庵)
    
    十二支展    (あらかわ画廊)
                    他 多数

〇今後の予定〇
2021年 5月 油画俊英作家展(スルガ台画廊) 
    7月 華図展   (あらかわ画廊)
                      予定

【作品傾向解説】

2004年~ 自身の経験から、人間の生命力・日常にある  光の魅力に気づき、祖母との日常を中心に自宅、病院、介護施設にある光と影を油彩表現で描く。2011年3月、祖母が他界するも、2014年まで祖母と施設を描き続ける。

2012年 3月 武蔵野美術大学助手研究旅行にて、欧州6か国に滞在。フランス、ドイツ、オーストリア、オランダ、ベルギー、イギリスを取材。同年個展にて作品発表。

2016年 墨・和紙を使っての制作に注力

2019年 4月 台湾(台北 九份)を取材。同年グループ展にて作品発表
 同年 8月 エジプト(ルクソール、エドフ、コムオンボ、アスワン、カイロ)を取材。同年個展にて作品発表。

作品ギャラリー