先生紹介

山内和則Kazunori Yamauchi 公開講座担当

独立美術協会会員

山内和則

経歴

1949
静岡県に生まれる
1975
武蔵野美術大学卒業
1980
現代の裸婦展(東京日動画廊)’84賞候補
セントラル油絵大賞展 ’89賞候補
1988
「絵画、今…」展(京都、三重、埼玉の各市立・県立美術館にて'89, '90)
1991
昭和会展にて優秀賞(東京日動画廊)
高樹のぶ子著『霧の子午線』カバー装画を担当(中央公綸社刊)
1992
安井賞展(西武美術館他)’93
1993
「山内和則 油絵展」(日本橋三越)’01, ’07, ’10, ’14, ’17, ’19
1994
月刊「中央公論」新年号より宮本輝著作『月光の東』の装画を担当 ~’97
第62回独立展にて新人賞
1995
静岡県芸術祭展にてグランプリ受賞
第63回独立展にて高畠賞
1996
第64回独立展にて独立賞
1998
「山内和則展」(浜松・平野美術館)
2000
文化庁派遣在外研修員として渡仏
2003
文化財愛護絵画コンクール(文化庁・消防庁主催)の選考委員を務める
2004
「山内和則 油絵展」(東京日動画廊)
2007
「旅」展(新国立美術館)
2011
「山内和則 街景展」シリーズを始める。'12, '13, '15
(東京 ギャラリー・アートもりもと)
2017
文化庁芸術家海外研修制度50周年記念展 ~’18
2020
「山内和則展」 コート・ギャラリー国立新春企画(東京 国立)
「山内和則 洋画展 -移ろいゆく時を描く-」(沼津・ぬましんストリートギャラリー)はYouTubeに紹介される。
他、個展、グループ展多数