学生インタビュー

立地が最高。先生方が皆親身。知識・経験ゼロでもついていけます。

福田 味侑さん

ファッション総合科 1年
福田 味侑さん
神奈川県川崎高等学校 卒

就職担当の先生がいるのも本校を選んだ決め手のひとつです。
一人ひとりの要望にきめ細かなアドバイスをくれるところが心強く、進路相談も安心してできると感じました。

渋谷は歩いているだけでも刺激を受けます

渋谷は歩いているだけでも刺激を受けます

情報発信力を養うネットビジネスの授業も

情報発信力を養うネットビジネスの授業も

仲間と協力しながら進める「FB企画」が好き

仲間と協力しながら進める「FB企画」が好き

学校で学んでいること・学生生活

1年の前期でファッションや服作りの基礎をしっかり学び、実際にスカートとブラウスを制作。最初はミシンの使い方もわからない状態でしたが、少人数制で先生が丁寧に指導してくれるのでついていけました。後期からはFB企画を選択し、グループでブランドを運営する授業が楽しく、販売に向けてがんばっています。

これから叶えたい夢・目標

服のコーデを組むのが好きで、将来はスタイリストになりたいと思っています。ただ、ブランド研究やインフルエンサーマーケティング、ビジュアルマーチャンダイジングなどさまざまな授業を通して視野が広がっていくのを感じているので、今はまだ限定しすぎず「自分が本当にやりたいこと」を見極めていくつもりです。

この分野・学校を選んだ理由

中学の時あるライブを観て「こんなふうに人を輝かせる服を作れたらいいな」と思ったのがきっかけです。学校選びで重視したのは先生との相性。学校説明会でわかりやすく丁寧な説明を受け、自分に合うと感じました。

分野選びの視点・アドバイス

キャンパスのある渋谷・原宿・表参道エリアは最新トレンドの発信源。ファッションやカルチャー、アート関係のイベントにも放課後気軽に行けるし、独創的な建物などあらゆるものからインスピレーションをもらえます!

1週間のタイムスケジュール

1限目 素材学 ファッションビジネス企画(FB企画) ITビジネス コーディネートワーク 選択
2限目 服飾造形 ファッションビジネス企画(FB企画) ブランド研究 服飾造形 選択
3限目 服飾造形 ファッションCG ビジネスマナー ファッションマーケティング
4限目 スタイル画 選択 パーソナルカラー インフルエンサーマーケティング

好きな授業は「FB企画」です。チームでゼロからブランドを立ち上げ、商品企画、原価管理や制作、販売までの流れを実習。いろんな考えを持つ個人が協力し、一つのことを成し遂げる経験は実社会でも役立つと思います。

個性を伸ばしてくれる環境が魅力。夢は舞台衣裳 の制作です!

松田 美森さん

ファッション総合科 1年
松田 美森さん
江東服飾高等専修学校 卒

クラスメイトも先生も個性派が多いけれど「ファッションが好き」という共通点で結ばれている。
毎日発見があって、勉強になって、すごくいい経験ができていると思います。

空き時間に友達とファッション誌チェック

空き時間に友達とファッション誌チェック

美しいラインを作る繊細なドレーピング技術

美しいラインを作る繊細なドレーピング技術

デザイン画でコンセプトをかたちにします

デザイン画でコンセプトをかたちにします

学校で学んでいること・学生生活

今好きな授業は服飾造形です。自分で描いたデザイン画からパターンを起こして試作を重ね、半年かけてテーラードジャケットとスカートを作っているのですが、イメージ通りのラインが出ないときに先生に相談すると、数ミリの違いで驚くほど見え方が変わったりするんです。難しいからこそ面白い、服作りの醍醐味を感じています。

これから叶えたい夢・目標

ミュージカルなどの舞台が好きでいろいろな公演を観ているうちに、作品の世界観や役者さんの個性を際立たせる衣裳作りを仕事にしたいと考えるようになりました。舞台衣裳を専門に手がける会社はとても人気があり、難関といわれていますが、パターンや縫製の仕事でしっかり経験と実績を積み重ね、いつか必ず夢を叶えたいです。

この分野・学校を選んだ理由

お裁縫が得意だった祖母の影響でモノ作りが好きになり、服飾の高等専修学校から本校に進学。ドレーピングや舞台衣裳も学べる点と、オープンキャンパスに参加した時の先生同士や在校生の仲の良さがとても印象的でした。

分野選びの視点・アドバイス

私は本校の、「こうあるべき」と型にはめるのではなく一人ひとりの個性を伸ばしてくれること、悩んだときすぐ先生に相談できる距離感が本当に好きです。
自分の方向性を見つけたいなら、こんな環境がおすすめです!

1週間のタイムスケジュール

1限目 素材学 服飾造形 服飾造形 服飾造形 選択
2限目 デザインCG 服飾造形 服飾造形 服飾造形 選択
3限目 ドレーピング デザイン画 ビジネスマナー プランニング
4限目 ドレーピング 選択 パーソナルカラー 西洋服装史

服作りに重要なドレーピング技術が身につくのも大きな特長だと思います。さまざまなカリキュラムでたくさんのデザイン画を描いているうちに、自分でも気付いていなかった好みや傾向が明確になっていくのも楽しいです。

在校生に聞いてみました!Q&A

Q1. 出身はどこですか?

茨城県です。実家から通っています。

Q2. この学校を選んだ理由は?

いろいろな学校のオープンキャンパスに参加しましたが、将来自分が何をやりたいのかをすぐに決めることができず、やってみて考える時間が欲しかったので、後期からコースを選べるこの学校に決めました。

Q3. 将来はどのようになりたいですか?

どの職種に就くのかはこれから決めていきたいと思っていますが、感性やスタイリングセンスを磨き、自分のスタイルを発信し、誰かに‟いいな“と思ってもらえるようになりたいです。

Q4. 学校生活で楽しいことは?

友達とファッションの話や、普段着ている洋服の悩みなどを相談できることがとても有難いです。
共通した趣味の話からショッピングに行ったり、お昼ご飯もみんなで一緒に食べることが毎日の楽しみです。
少人数なので、みんな仲良くて、先生も含めてくだらない話も聞いてくれて本当に毎日充実しています。

Q5. 学校周辺のオススメスポットは?

学校周辺のオシャレなカフェや写真映えがするミヤシタパークがおすすめです。
また渋谷には、生地も気軽に見に行けたり、買えるお店もあるので便利です。

Q1. 出身はどこですか?

群馬県出身です。渋谷までは、電車で1時間半くらいです。埼玉との県境に住んでいるので、埼玉県の高校に通っていました。一人暮らしも検討しましたが、実家から通っています。私の周りの友人は、千葉県や神奈川県から通っていて、ほとんどが実家通いです。

Q2. 中学生、高校生は何をしていましたか?

中学生の頃は、3年間バレーボール部に所属していたので、練習の毎日でした。高校は違うスポーツも体験してみたいと思い、ハンドボール部に入部しましたが、雰囲気が合わず、数か月でやめてしまいました。その代わりに高校生ならではの友達との学校生活を楽しみました。部活ではスポーツが中心でしたが、中学生の頃からずっとおしゃれは好きで、高校生の時に好きな俳優さんが洋服のデザインをされていることをきっかけに、ファッションの世界に興味を持ち始めました。そこからは、服飾の専門学校に進学することしか考えていなかったです。

Q3. 渋谷ファッション&アート専門学校を選んだきっかけは?

はじめから東京の服飾専門学校しか考えていなかったので、ファッションブランドが立ち並ぶ渋谷・原宿付近にある学校を探していました。担任や進路指導の先生方からは「神村さんは、たくさん質問をしたいタイプだから少人数制の学校のほうが合っている」とアドバイスをもらいました。
渋谷ファッション&アート専門学校のオープンキャンパスでの先生方のとても細やかな対応と、少人数制だからこそ学生一人一人まで先生の目が届き、壁にぶつかった時もサポートをしてくれる環境に魅力を感じ、入学を決めました。

Q4. 入学後の学校への印象は?

もともと先生との距離の近さが魅力的だと思っていましたが、思っていた以上に先生との距離が近くとても楽しいです。先生が自分の席まで回ってきてくれることもあり、しっかりと一人一人のケアをしてくれます。私自身、分からないことをそのままにしておきたくないと思っているので、疑問を解消しながら勉強できる環境に満足しています。
またファッションというと華やかなイメージですが、授業中は集中して課題に取り組んでいることが多く、みんなが夢に向かって真剣なところもこの学校のいいところです。

Q5. 将来の夢は何ですか?

ウエディングドレスのデザイナーです。以前は洋服のデザイナーになりたいと思っていたのですが、「みんなと同じ」が嫌で、私のできることは何だろうと考えた時に、デザインの先生からウエディングドレスのデザイナーをしていた時のお話を伺い、とても興味がわいたのがきっかけです。

Q1. 出身はどこですか?

茨城県出身で、実家から通っています。渋谷までは1時間半くらいかかります。渋谷は電車の乗り入れが多いので、馴染みやすい環境だと思います。

Q2. 中学生、高校生は何をしていましたか?

中学生の頃は、卓球部に所属していました。高校では、学校全体があまり部活に入らないという環境だったので、部活はせずに高校1年生の時から現在まで同じコンビニエンスストアでアルバイトをしています。

Q3. ファッション分野に興味を持ったきっかけは?

小学生の頃からファッションが好きで、年に数回親と渋谷に遊びに来ていたのを覚えています。その頃から好きなブランドがあり、中学1年生の時にそのブランドの販売員さんにとても優しく接客してもらったことが印象的に残っています。その時の販売員さんがすごくステキで輝いて見え、私も将来はアパレルの販売員になりたい!と強く思ったのがきっかけです。

Q4. 渋谷ファッション&アート専門学校を選んだきっかけは?

よく遊びに来ていた渋谷・原宿で服飾専門学校を探していて、そのエリアで就職もしたいと考えていたので、渋谷ファッション&アート専門学校しかないと思っていました。高校2年生の秋に、この学校のオープンキャンパスに友達が誘ってくれ参加した際、学校の雰囲気や先生方がとても優しく、仲良くなれそうで入学後の学校生活がイメージできました。また少人数制のところも魅力です。
2回目に来校した時には、私の名前を憶えてくれていて、とても嬉しかったです。在校生と先生がとても仲が良さそうに話をしている姿を見て、先生方が学生一人一人にしっかりと向き合っていると感じられたことが、入学の決め手です。

Q5. ファッションビジネスコースで魅力的な授業は何ですか?

「ファッションビジネス企画」という授業です。クラスをグループ分けして、ブランドを立ち上げコンセプトや商品企画、製作、販売するという一連の流れを実践する授業です。アクセサリーやバッグなど作っています。ブランドタグや価格も自分たちで決めているので、将来とても役に立つ授業だとやりがいを感じています。自分が制作したモノが売れた時は感動しました。

Q6. 将来の夢は何ですか?

中学生の頃から変わらず、アパレル販売員になりたいです。私自身に会いたいと思って貰えるような接客技術を身につけて、お客様を集められる人になりたいです。そのブランドの良さを洋服だけではなく、スタッフも魅力的だと言われる人を目指します。

Q1. ファッションを目指した理由?

幼稚園のお遊戯会の衣装を母が作ってくれたのがとてもうれしくて私も同じようにしてあげたくて、縫製を学びたいと思いファッションを目指しました。

Q2.なぜクリエイターコースを選んだのか?

縫製を学びたいのと、将来アーティストさんの衣装製作などに携わる仕事がしたいので選びました。

Q3.クリエイターコースを選んでどうだった?

想像と違って大変です。覚える服飾用語がたくさんあり、大変!
でも、ミシンを触る時間が多くて楽しいです。

Q4.検定試験を受験してどうだった?

クリエイターコースはパターンメーキング検定3級が必須なので、時間外にパターンやドレーピングなどの練習をたくさんしました。試験が終わった今、だいぶ自信がつきました。来年は2級を目指します!

Q1.学校に入学した理由は?

少人数制でアットホームな雰囲気に魅力を感じ、ファッションのトレンド発信地である渋谷・原宿から近いためトレンドを体感でき刺激を受けることができると思ったのが決め手です。

Q2.入学して1番楽しかった事は?

ファッションマーケティングの授業で実際に店舗の商品を使ってコーディネートを組んだこと!
時間内でテーマに沿った自分らしいコーディネートを組むことは難しかったけど貴重な体験をさせてもらいました。

Q3.学校で学んでいることは?

ファッションビジネス企画ではブランド立案から販売までを自分たちで行う実践的なカリキュラムで、他にもパターン・縫製、素材やカラーコーディネートなど知識を高める授業もあります。
社会に出てから役立つPCの基本的な操作、CGソフトの使い方やインターネットビジネスなど様々な面でファッションビジネスについて学んでいます。

Q4.休み時間はどのようにして過ごしていますか?

友達とおしゃべりして過ごしています!みんなのおかげで毎日楽しいです!

Q5.一日のスケジュールは?

07:30 起床
08:55 登校
09:25 渋谷駅到着
09:50 授業開始
12:40 お昼休み
16:10 授業終了
17:00 〜22:00 free
24:00 就寝
freeの時間は課題やTVを見たり家で過ごすこともあれば友達と遊んだりアルバイトをしたりなど充実した日々を過ごしています!

Q6.これからの目標はなんですか?

入学する前は販売員になることが夢でしたが、ファッションの楽しさや面白さをより深く知っていくうちに色々な方に伝えたい、共有したいという気持ちになりプレスの仕事をしてみたいと思うようになりました。
まずはブランドの世界観をお届けできるような販売員を目指しキャリアを積むことが目標です。

Q1.この学校を選んだ理由?

実際オープンキャンパスに足を運び、学校の雰囲気を体感しました。少人数制で学生一人一人しっかりと対応してもらえる事と、学生と先生の距離が良かったのでこの学校に決めました。

Q2.上京して良かった事は?

東京はファッション業界において最先端にあると思います。それを肌で感じることは上京しないと絶対にできない事だし、色んな分野ですごい人が沢山いるので刺激を受けることが多く、とても楽しいです。

Q3.はじめて一人暮らしをしてみて苦労した点と良かった点は?

苦労した点は、疲れていたり帰りが遅くなった時でも皿洗いやご飯を炊いたり、洗濯したりなどしないと、次の日に困ったりするので大変です。良かった点は一人暮らしを始めて自分が出来ることが大幅に増えました。今まで親がやってくれていた事も自分でするようになり、自然と様々なことを覚えました。一人暮らしは大変かと思われるかもしれませんが、自分次第でとても充実するし自信もつくのでとてもいいと思います。

Q4.休日はどのようにして過ごしていますか?

趣味のスケートボードやバスケなど運動をしたり、友達と遊びに行ったりしています。よく好きなショップとかも見に行きます。街を歩いている人や店の中を見るだけでとても勉強になると思います。定期的に行くと前回来た時との違いや新しく入ったアイテムを知ることが出来るし店員さんと話すと様々なことを教えてくれるのでいいと思います。

Q5.学校生活で楽しい事は?

今までの学校と違い、自分の好きなことに関して勉強出来るので授業全般楽しいです。特にコーディネートを考えたり、企画を提案したりする事が楽しいですね。

Q6.これからチャレンジ・挑戦してみたい事

グラフィックアートをもっと描けるようになりたいですね。文字のフォントとかのデザインを沢山覚えてバリエーションを増やして自分の作品に活かしていきたいと思っています。

Q1.ファッションの学校に進もうと思ったきっかけは何ですか?

小さい時から服が大好きで将来は絶対デザイナーになりたいと思っていました。
母に服飾の授業が多い高校を進められ進学。高校卒業時もデザイナーになりたい夢が変わっていなかったので、更に身に付けようとファッションの専門学校に進みました。

Q2.本校を選んだ理由は?

少人数制。
私は理解するのが遅いので、先生に分からないところなど聞きやすいと思い決めました。

Q3.将来の夢は何ですか?

ファッションデザイナー

Q4.学校生活はいかがですか?

自分とは違う趣味やファッションセンスの友達がいて、とても刺激を貰っています。
留学生の友達は母国の言葉や習慣などを教えてくれます。

Q5.マイブームは何かありますか?

最近カメラを購入。
たくさん写真を撮っています。

TEL. 03-3409-2661