学生インタビュー

立地がいい。先生たちが優しい。授業もイベントも充実してます!

ファッションビジネス科 1年
佐々木 あこさん
青森県 青森県千葉学園高等学校 卒

小さい頃から派手な服が好き(笑)。母と一緒に買い物に行っても自分の服は絶対に自分で選んでいたし、コーデするのも大好きでした。両親も私の夢を応援してくれています。

私のキャンパスライフShot!

PCルームでフォトショップをいじったり

ファッション関係の情報をチェックしたり

少人数で先生との距離が近く、みんな仲良し

学校で学んでいること・学生生活

デザイン、パターン、縫製など服作りの基礎をはじめ、実践的なコーディネートワーク、ブランドやトレンドの分析・研究、マーケティングの手法など…。さまざまな面から幅広くファッションビジネスを学びます。デザインの仕事には欠かせないCGソフトの使い方やビジネスマナーなど、社会に出てすぐに役立つ授業も!

これから叶えたい夢・目標

ここでいろんなことを勉強するうちに「自分自身がショップのオーナーやデザイナーになる」というより、誰かのそういう夢を支える仕事がしたいと思うようになりました。ブランドを立ち上げたい人をサポートしたり、どうしたら商品が売れるかを一緒に考えたり。まずは販売の仕事で実績を積み、目標に向かって頑張りたいです。

この分野・学校を選んだ理由

小さい頃から服が好きで、高校も服飾関係の学科を選択。ここはホームページで立地や学費、授業内容などを見比べ直感で決めました。少人数制で不得意なことがあっても先生が一人一人しっかり教えてくれる点が決め手でした。

分野選びの視点・アドバイス

キャンパスのある渋谷・原宿・表参道エリアは、おしゃれなショップがいっぱい。ファッションやカルチャー、アート関係のイベントも多いのでよく行っています。常に最先端の刺激を受けられる環境は最高だと思います。

在校生に聞いてみました!Q&A

Q1.本校に入学した理由は?

原宿と渋谷の間という、ファッションの中心地にあるからです。学校周辺には、お洒落なカフェや人気のブランドショップが立ち並び、ファッションを学ぶ学生にとっては最高の立地だと感じました!
また、週4日制のカリキュラムは空き時間を有効活用できるので、とても魅力的に感じたのも理由のひとつです。

Q2.学校生活の中で苦労していることはありますか?

授業ではアパレルの専門用語がたくさん出てくるので、最初はとても苦労しました。

Q3.卒業後の具体的な目標は?

日本のファッションが好きなので、日本で自分のお店をオープンしたいと思っています!

Q4.本校に入学する留学生に対してのアドバイスは?

少人数制なので、指導がとても丁寧です。一つひとつの疑問にも親切に教えてもらえるので、理解の幅が広がります。

Q1.本校に入学した理由は?

洋服の作り方や販売知識、接客方法などを身につけたいと思い入学しました。

Q2.入学して1番楽しかったことは?

中学、高校と違い、知り合いのいない中で最初はかなり緊張していましたが、積極的にコミュニケーションをとることでみんなとすぐに仲良くできました。自分の個性を出すことでクラスメイトが笑ってくれたりすることが1番楽しいです!!

Q3.学校で学んでいることは?

私はファッションビジネスを勉強しているので、ブランド研究や服飾造形、コーディネートワークを学んでいますが、デザイン画の授業も受けられるのでとても嬉しいです。

Q4.休み時間はどのようにして過ごしていますか?

クラスメイトは男女みんな仲がいいので、誕生日をサプライズで祝ったり、カードゲームをして遊んだりしています。
みんなで話しをすることが好きなので、会話を楽しむことが多いです。

Q5.一日のスケジュールは?

6:00 起床
6:45 登校
9:00 渋谷駅到着
9:10 授業
12:10 お昼休
16:20 授業終了
16:30 渋谷・原宿でショッピング
19:00 帰宅
学校周辺の渋谷・原宿には沢山ショップがあるので、学校終わりに友達とショッピングをしてから帰るのも、楽しみの1つです。

Q6.これからの目標はなんですか?

授業でコーディネート力や接客術、PCワークなどの技術をしっかり身につけて、自分の希望するブランドに就職したいです。将来は自分のブランドを立ち上げることが夢なので『夢実現』に向けて頑張ります。

Q1.2年生になって感じていることは何ですか?

1年生の時よりも課題が増えて大変ですが、1年生の時には知らなかった専門性の高い内容を学べることや、自分で描いたイメージがプリントされた生地で服を作ることができることなど、たくさんの新しい経験を通して学べることが楽しいです。

Q2.今自分が最も打ち込んでいることは何ですか?

日本ファッションウィーク推進機構が行っているコンテストの一次審査に合格したので、その製作のために仲間達と活動していることです。その活動の中で、今まで見たことがない工場見学に行けることも大きな刺激になっています。

Q3.仲間達とどんな話で盛り上がっているのですか?

自分の好きなファッションのこと。どこのタピオカが一番美味しいか、などでも盛り上がります!

Q4.これからの目標は何ですか?

下着デザイナーになって、可愛い下着をたくさん作っていきたい。

Q5.デザインコース2年の仲間達は?

みんなとても愉快で楽しくて、お互い刺激しあえる存在です。

Q1.毎日のおしゃれで心掛けていることは何ですか?

“同じコーディネートはしない”ように心掛けています。前日の夜に洋服のコーディネート、ヘアスタイル、メイクまで全て決めるのが日課。学校終わりに遊ぶ予定があるときは、さらに気合いが入ります!!
買い物が好きなので、月に2~3着は洋服を買ってしまい、アルバイト代はほとんど洋服と美容で消えてしまうくらい、おしゃれが大好きです。

Q2.好きな教科、得意な教科は何ですか?

服飾造形の授業が好きで、決められたアイテムのなかでデザインをして作るという工程をとても楽しいと感じます。どんどん形になっていく達成感は最高です。
もちろん作ったものは、自分のコーディネートに活用します。その他の授業でも、コーディネートを考えたり、イメージマップを作ったりと幅広く勉強しているので、課題に追われることもあり大変ですが、仕上がった時はとても嬉しいです。

Q3.本校のおすすめ、魅力は何ですか?

少人数制なので、学年やクラスを超えてみんなと話す機会が多く仲が良いので、イベントなどが盛り上がります。
学校周辺の渋谷・原宿は流行の発信地なので、毎日刺激を受けています。学校終わりにすぐ買い物に行けるので、以前よりもブランドやショップに詳しくなりました。
また就職サポートも充実しているので、今後の進路を考えた時にとても心強いです。

Q4.アルバイトはしていますか?

週に3~5日、居酒屋でアルバイトをしていますが、今アパレルのアルバイトも検討中です。お金を稼ぐことや働くことの大変さなど、勉強になることが多いです。
学校の課題は授業中に終わらせることができるので、アルバイトもしっかりできます。将来に役立つ経験ができたら良いと思っています。

Q5.将来の夢は何ですか?

洋服が大好きなので、もちろん洋服の仕事に携わり、一生服を愛し続けたいです。
いずれは自分の理想の洋服をカタチに出来たらいいなぁと考えています。

Q1.ファッションの学校に進もうと思ったきっかけは何ですか?

小さい頃から物を作ることが好きで、服飾の高校に進みました。
高校だけでは物足りず、もっと専門的に詳しく学びたいと思い入学を決めました。

Q2.本校を選んだ理由は何ですか?

一番の魅力は、渋谷・原宿の中心に学校がある点です。ファッションを勉強するには最適な場所だと思い選びました。
また、少人数制で先生と生徒の距離が近く、解らないところはすぐに聞くことができる点が良いと感じました。

Q3.現在、学校生活はいかがですか? また、思い出に残っていることは何ですか?

毎日とても楽しいです。
先日イベントで開催されたバーベキューが思い出に残っています。バーベキューの後も、学科を問わずみんなで遊び交流が深まりました。

Q4.将来の夢は何ですか?

まだ具体的には決まっていませんが、今まで勉強したことを活かしたいと思っています。

この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

お問い合わせはこちら