SHIBUYA F&A SHIBUYA F&A
渋谷ファッション&アート専門学校

服飾専門課程
(ファッション)

ファッション総合科

Fashion General

クリエイターコース

ファッションのすべての技術を基礎からしっかり学べる

クリエイターコースは、「自分で洋服を作りたい」「ファッション業界で仕事をしてみたい」…そんなふうに思っている人のためのコース。2 年間自分に合ったスキルを磨き、ファッション業界での即戦力を目指します!

基礎から一着の服が出来上がるまでを総合的に学びながら、感性を磨き、創造性を高めていく。自らの手で思いどおりの洋服をつくりあげたときの感動は、あなたの夢に向かう気持ちをより確かなものにしてくれることでしょう。

1年後期、2年で学ぶ主な科目(選択科目を含む)

1年前期に学んだデザイン・パターン制作・縫製などをもとに、更に実践的な内容として知識を深めていきます。2年では、より高度な縫製技術・工場縫製・CAD など現場に直結した服作り、また、デザイン面でもクリエイトする力・表現する力を身に付けていきます。

  • 服飾造形
  • ドレーピング
  • CAD
  • インダストリアルソーイング
  • ファッションデザイン画
  • デザインCG
  • 舞台衣装デザイン
  • テキスタイルデザイン
  • マーケットリサーチ
  • ビジネスマナー
  • 英会話

など

ミシン実習

在校生インタビュー

夢は舞台衣装のデザイナー

舞台やパレードで着ている衣装に興味を持ち「私も舞台衣装のデザイナーになる!!」との想いでファッションの道に進もうと思いました。
この学校を選んだのは少人数制であること、渋谷・原宿の間でファッションを学ぶには最適な環境だと感じられたからです。課題が多く大変ですがクラスのみんなと楽しい学校生活を送っています。

将来は衣装関係の制作に携わりたい

華やかな衣装を着てダンスをやっていたのがきっかけで、「私もこの様な衣装が制作出来ればいいなぁ!」との思いで進みました。
ファッションの発信地でもある渋谷・原宿の間に学校があり刺激をうけられること、少人数制で解らないことはすぐ先生に質問出来る環境が良かったことで学校を選びました。毎日楽しく課題制作に励んでいます。

主な授業の紹介

クリエイターコースでは創立者 田中千代の教えを基盤とし、今のニーズに合わせながら技術を身に付け、ファッション業界の即戦力となる授業を行っています。

服飾造形

作品制作を通してデザイン・パターン・縫製など服作りに関する総合的な技術と知識を学びます。

ドレーピング

シルエットや構造線の美しさを追求し、平面構成では捉えにくいディテールやデザインなどの立体テクニックを学習します。

CAD

専用ソフトを使用し基本操作の習得とデータ入力からパターンメーキングなど一連の作業を学びます。

ファッションデザイン画

イメージやバランス表現に欠かせない立体描法と、企画書や仕様書に必要なハンガーイラスト、素材表現のための画材の使い方を学習。

担当の先生からメッセージ

自分の中にあるアイデアをデザイン画で表現し、創造性と感性を高めていきましょう。

ファッションデザイン画担当 河村 秀子 先生

「デザイン画」は、自分の中にある洋服のイメージや世界感を表現する上で欠かせないツールです。アイデアからデザイン画の完成までは試行錯誤をしながらも、表現することで自分の世界が広がり、新たな発見があります。オシャレでクリエイティブなデザイン画を描くために、基礎的な技術はもちろんのこと、感性をどんどん磨いて表現力を積み重ねていきましょう。

ファッションデザイン画担当 河村 秀子 先生

真のプロフェッショナルになろうと思うなら、絶対に欠かせないテクニック、それがドレーピング!!

ドレーピング担当 三科 三四子 先生

雑誌や街のショーウインドウで見かけた洋服を作ってみたい!! そう思ったときにデザインのバランスや雰囲気を具現化していく、パターンを作る際の有効な手段の一つであるドレーピング。アパレル総合科では、ドレーピングの方法を基礎から応用まで学び身につけます。わからないところは、何度も丁寧に繰り返し指導します。あきらめず繰り返し作業することで、誰もが自分の思うデザインをドレーピングから創り出すことが出来るようになります。モノづくりの楽しさを一緒に学び体験しましょう。

ドレーピング担当 三科 三四子 先生