SHIBUYA F&A SHIBUYA F&A
渋谷ファッション&アート専門学校

服飾専門課程
(ファッション)

アパレル総合科

Apparel General

ファッションの基礎知識と技術を総合的に学ぶ

ファッションのすべての技術を基礎からしっかり学ぶことの出来るのが、アパレル総合科です。
基礎から1 着の服が出来るまでをファッションへの感性、創造性を高めながら、総合的に身につけていきます。
学ぶほどに服づくりの奥の深さを実感し、積み重ねていくことで、あなたの夢に向かう思いがより確かなものとなるでしょう。

1年生の後期からは目指す職種により、デザインコースとテクニカルコースに分かれ、専門科目の充実を図り知識と技術の習得により力を入れます。

デザインコースはクリエーション能力を養うために不可欠なデザイン表現などを基礎から学び、ファッションデザインの発想力と造形力を高め、アパレル業界で活躍できるクリエーター、ファッションデザイナーを育成します。
テクニカルコースは服飾技術の基礎知識をしっかり身につけ、アパレル業界で活躍できるパタンナーや縫製技術者を育成します。

アイロン掛け

1年次前期で学ぶ科目

アパレル総合科では、入学して半年間(1 年次前期)、ファッションに関する基本的な知識とともに、服づくりとデザインワークの技術の基礎をしっかり学びます。

  • 服飾造形
  • ファッションデザイン画
  • 色彩構成
  • ファッションマーケティング
  • 西洋服飾史
  • ビジネス概論  など
ミシン実習

1年次後期

1年後期から目指す職種により2 つのコースに分かれ、卒業までそのコースで学びます。

デザインコース

授業の様子

1年前期に学んだファッションデザイン画の基礎をふまえ、より高度な描く技術と現在では必須となっているPC上でのデザインを学び、発想力と造形力を高めるためのカリキュラムとあわせて、クリエイトする力、表現する力を身につけていきます。
それとともに企業のデザインルームで求められる商品企画力の習得をめざし、関連する知識や技術を学んでいきます。

1年次後期、2年次で学ぶ主な科目
  • ファッションデザイン画
  • モードデッサン(クロッキーによる人体デッサン)
  • クリエイティブデザイン
  • アパレルプランニング
  • 服飾造形
  • ドレーピング
  • CAD基礎
  • 素材学
  • デザインCG 演習
  • デザインワーク
  • 卒業制作研究
  • アパレルニット など
デザインコースで目指す職種
デザイナー、商品企画・プランナー・スタイリスト

テクニカルコース

実習の様子

1年前期で学んだ服作りの基礎をふまえ、より高度な縫製技術や工場縫製、平面・立体のパターンメイキングとそれをPC上におこすためのCADなど、服づくりの現場に直結したカリキュラムにより、しっかりとした技術力を身につけていきます。就業後の即戦力となることもめざし、より幅広く関連する知識や技術も学んでいきます。

1年次後期、2年次で学ぶ主な科目
  • 服飾造形
  • インダストリアルソーイング
  • ドレーピング
  • CAD
  • ファッションスタイル画
  • ハンガーイラスト
  • デザインCG演習
  • 素材学
  • 卒業制作研究
  • アパレルニット
  • 手芸 など
テクニカルコースで目指す職種
パタンナー、縫製技術者、生産管理

在校生インタビュー

ものづくりの知識と技術を習得し、ファッション職人を目指す

幼い頃から手先が器用で、ものを作ることが得意でした。サッカーをやっていましたが服も好きで、友達から普段着を褒められることが多く、ファッションの道に進もうと思いました。
実はこの学校ともうひとつ大規模な学校と迷ったのですが、やはり少人数制の方がしっかり学べるのではないかと、この学校を選びました。体験入学の時も、先生と在校生の仲が良いのが印象的でした。実際入学してみて、やはり先生と距離が近いことは、わからないことなどすぐ聞きやすいので良いと思います。
テクニカルコースは圧倒的に服飾造形の時間が多く、朝から夕方までずっと縫っている曜日もあります。また、ファッションの専門用語を覚えたり、検定の勉強も大変ですが、洋服づくりのための確かな知識や技術が身につくので楽しいです。
地元の墨田区には高い技術の職人が多く、そんな環境で育った影響もあり、職人のような「ものづくり」の仕事ができればいいな、と思います。

アパレル総合科テクニカルコース1年 長谷川 貫太さん

アパレル総合科 テクニカルコース1年
長谷川 貫太さん

主な授業の紹介

主な授業の内容と、授業を通して身に付く技術についてご紹介します。

服飾造形

作品制作を通してデザイン・パターン・縫製など服作りの基本的な理論を理解し、総合的な技術を習得します。
基礎から応用力まで身につける基本科目です。
初めての人も、基礎を学んできた人でも、「服飾造形」の授業は、服づくりのベースとなる大切な授業です。一緒に頑張りましょう。

  • 服の構造について理解を深める 授業風景

    服の構造について理解を深める

    服作りの基本となる採寸・体型補正・ミシン操作から始め、服の構造について理解すると同時にデザインの表現力を高めます。

  • 基本アイテムを製作する 授業風景

    基本アイテムを製作する

    ジャケットスーツやパンツなど基本アイテムを製作し、段階的にそのシルエットの作り方や素材選びなどを学びます。

  • パターン・縫製技術をさらに高める 授業風景

    パターン・縫製技術をさらに高める

    学んだ知識やテクニックを応用し、卒業作品制作を通じてさらに技術と創造力を高めていきます。

ファッションデザイン画

魅力的なファッションをビジュアル化するために、目的に合ったデザイン画を描く勉強をします。
自分の中にあるアイデアや世界観をデザイン画で表現し、創造性や感性を高めていきましょう。

  • デザイン画の基本を学ぶ 授業風景

    デザイン画の基本を学びます

    洋服設計用としてのスタイル画、プロポーションの捉え方、ハンガーイラストの基本を学びます。

  • 画材を使った表現力 授業風景

    画材を使った表現力

    白黒画から着色イラストまで、画材の使い分けによってディテールの表現力を高めていきます。

  • クリエイティブな描画方法を見つけ出す 授業風景

    クリエイティブな描画方法を見つけ出す

    アイデアからデザイン画の完成まで、試行錯誤しながらもクリエイティブなデザイン画の描画方法を身につけていきます。

ドレーピング

平面構成では捉えにくいディテールやデザインの立体テクニックを学び、正確で丁寧なパターン作りの知識と技術を習得する授業です。
真のプロフェッショナルになろうと思うなら、絶対に欠かせないテクニック、それがドレーピング!!モノづくりの楽しさを一緒に学び体験しましょう。

  • 基本的なパターン展開を習得する 授業風景

    基本的なパターン展開を習得する

    スカートなどシンプルな構造のアイテムから始め、パターン展開の基本について実習を通して実践的に学びます。

  • 段階的に応用力を身につける 授業風景

    段階的に応用力を身につける

    様々なパーツやアイテムを段階的に製作し、それらを積み重ねてゆくことで、応用力が自然と養われていきます。

  • パターンの完成度を高める 授業風景

    パターンの完成度を高める

    積み重ねで学んだ基礎を応用して、立体での組み立て・平面パターン展開の精度に磨きをかけます。

担当の先生からメッセージ

自分の中にあるアイデアをデザイン画で表現し、創造性と感性を高めていきましょう。

「デザイン画」は、自分の中にある洋服のイメージや世界感を表現する上で欠かせないツールです。アイデアからデザイン画の完成までは試行錯誤をしながらも、表現することで自分の世界が広がり、新たな発見があります。オシャレでクリエイティブなデザイン画を描くために、基礎的な技術はもちろんのこと、感性をどんどん磨いて表現力を積み重ねていきましょう。

ファッションデザイン画担当 河村 秀子 先生

ファッションデザイン画担当 河村 秀子 先生

真のプロフェッショナルになろうと思うなら、絶対に欠かせないテクニック、それがドレーピング!!

雑誌や街のショーウインドウで見かけた洋服を作ってみたい!! そう思ったときにデザインのバランスや雰囲気を具現化していく、パターンを作る際の有効な手段の一つであるドレーピング。アパレル総合科では、ドレーピングの方法を基礎から応用まで学び身につけます。わからないところは、何度も丁寧に繰り返し指導します。あきらめず繰り返し作業することで、誰もが自分の思うデザインをドレーピングから創り出すことが出来るようになります。モノづくりの楽しさを一緒に学び体験しましょう。

ドレーピング担当 三科 三四子 先生

ドレーピング担当 三科 三四子 先生