close

FOLLOW US ON

大人の美術学校で学ぶ日本画

日本画ってどんなもの?

「日本画」というものを一度は聞いたことはあるけれど、具体的にはどういうものなのかいまいち馴染みのない方も少なくないのではないでしょうか。

「日本画」は、天然の鉱物を砕いて作った絵具を動物から採れる膠(にかわ)を接着剤にして画面に定着させ描いていきます。和紙や絹を下地に日本画絵具で描かれた絵は独特の深み、上品で奥ゆかしい質感をもった美しさがあります。

経験豊かな現役の日本画家による指導がうけられます

日本画の名作といえば伊藤若冲、上村松園、速水御舟、現代では松井冬子など、繊細で精確な描写・着彩が印象的な作品が数多く、実際描くとなると難しそう・・というイメージを抱かれる方もいらっしゃることでしょう。

大人の美術学校の美術表現科・日本画コースでは、全くの初心者の方も日本画が描けるようになる様に、カリキュラムを作成しています。指導経験豊かな現役のベテラン日本画家である先生方が主体となり、絵の具の使い方や本制作のためのデッサンなど、日本画の描き方を基本から丁寧に指導します。また、これまで日本画に親しまれてきた方へもそれぞれの技術に応じた指導をします。

学生作品のご紹介

初めて日本画に取り組んだ美術表現科・日本画コースの学生作品

静物の組み合わせ

学生各自でモチーフをセッティングし、色や質観を描き分けていきます。

古典模写実習

学生各自でモチーフをセッティングし、色や質観を描き分けていきます。

絹に描く

模写のための線描の練習や、裏打ちの実習を行います。

扇面実習

作品を扇に仕立てる実習を行います。

金銀装飾実習

金箔や砂子などを使用した日本画特有の装飾的技法を学びます。

日本画を学ぶと日本の歴史、古美術などにも興味が沸き、お寺などの襖絵や障壁画などをの鑑賞も楽しくなります。美術を通して日本の芸術文化の教養を深めたい方にもおすすめです。

また、日本画以外の画材・材料での制作経験がすでにあり、違う画材に挑戦して表現を広げたいという方も歓迎です!

日本画コースの様子を見てみたい、聞いてみたいという方はぜひ一度、学校説明会にお越しください。

(文責・文化専門課程 飯 美樹)

PAGE TOP