close

FOLLOW US ON

大人の美術学校で学ぶ日本画

日本画コースで学べること

日本画コースはまず一番の基礎である写生(デッサン)からはじまります。植物、動物、人物、風景などを描きながら日本画独自の観察、表現を学びます。制作では墨線描き、隈取りによる調子付けから大下図、小下図などの段階を追って制作を進めるという伝統的な手法を身につけてゆきます。また、古典模写を通して先人の筆使いや表現方法を追体験する実習も行います。

日本画ってどんなもの?

日本画と聞くと、花鳥風月を題材とした様式的な作品を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、現代では伝統にとらわれない表現の作品も数多くあります。日本画の画材は粒子の大小を持つ岩絵の具、多くの種類の和紙や絹などの基底材、また金箔、銀箔といった材料を使用するなど、様々な表現のバリエーションと可能性を持っています。

描写力の基礎となるデッサンはもちろん、伝統的な表現法を学び、その上に個性的な各自の表現ができるよう指導いたします。

学生作品のご紹介

静物の組み合わせ

学生各自でモチーフをセッティングし、色や質感を描き分けていきます。

古典模写実習

模写のための線描の練習や、裏打ちの実習を行います。

絹に描く

絹の裏・表側から彩色する技法など、絹本の扱い方を勉強します。

扇面実習

作品を扇に仕立てる実習を行います。

金銀装飾実習

金箔や砂子などを使用した日本画特有の装飾的技法を学びます。

日本画を学ぶと日本の歴史、古美術などにも興味が沸き、お寺などの襖絵や障壁画などをの鑑賞も楽しくなります。美術を通して日本の芸術文化の教養を深めたい方にもおすすめです。

また、水彩・油絵等の絵画制作経験がすでにあり、違う画材に挑戦して表現を広げたいという方も歓迎です!

日本画コースの様子を見てみたい、聞いてみたいという方はぜひ一度、学校説明会にお越しください。

 

PAGE TOP