コースのご案内

日本画コース

現代の日本画では、岩絵具を使用する制作法を採りながらも、西洋画と変わらないモチーフの作品も少なくありません。

日本画コースでは墨線描き(骨描き)、隅取りによる調子付けなどを学び、下絵、小下絵など過程を経て描画を進めていく伝統的な手法を身に付けます。

日本画は自然素材を原料とする絵具、動物の毛による筆、油煙を原料とする墨といった伝統的な画材に支えられています。また金箔、銀箔といった材料も使用し、それぞれの画材の知識や手法も制作の上で必要となります。

日本画コースでは、デッサンも取り入れ、描画力を養うとともに日本画のための骨描きの力をつけ、古典模写によって先人の筆使いや表現力を追体験することによって、その考え方と手法を運びます。

日本画は画材の扱いそのものに習熟が必要ですので、美術表現科、造形表現科、表現研究科と学科によって、その習熟度深めるとともに自己の表現を確立していきます。

お気軽にお問い合わせください

学校説明会、随時開催中です。無料で入学案内パンフレットをお送りいたします。

03-3409-2661

受付時間 平日9:00〜17:00