授業の特色

授業について

渋谷ファッション& アート専門学校では作品制作に欠かせない実践的なスキル習得のために、実技課題を中心としたカリキュラムを用意しています。美術表現科と造形表現科で積み上げた基礎力を基に、表現研究科ではそれらを個性という形で昇華させるべくより専門的な指導を行っています。

主に午前中は絵画・日本画・彫刻・版画の4コースの全ての学生が受ける共通授業を行い、午後はコースごとの特色ある授業を行います。

共通授業では、作品制作の礎となる基礎力の習得を目的としたデッサンや色彩理論の他、モチーフをより構造的に捉えるための塑像制作、新たな発想を探るためのドローイングを用いた実習など、様々な授業が用意されています。専攻コース以外の画材に触れることで、より表現の幅を広げていくことが出来ます。また、他コースの学生と共に学ぶ授業は友人の幅を広げる有意義な環境にもなっています。

午後のコースごとの授業では、各コースの画材・素材に精通した現役作家でもある先生方から、専門的かつ「生きた」指導を丁寧に受けることができます。

絵画コースでは、美術表現科・造形表現科での体系的なカリキュラムを習得した後、表現研究科へ進むとコンクールや公募展を目指す学生のために全国規模の絵画展・団体展の審査員等も務める著名な先生方をお招きし、実践的な指導も行っています。

日本画コースでは、画材の基本的な扱い方から始まり、箔貼りや模写といった日本画ならではの伝統的な技法も専門家の先生から学ぶことができます。

工房での授業を主とした彫刻、版画コースでは経験値の異なる学生同士が同じアトリエで切磋琢磨しながら学べる環境を用意しています。

共通授業について

解剖学概論

等身大の人体骨格見本と生身の男性モデルを比較しながら、身体の外側と内側の両面から作画を通じて人体の形の理解を高めていきます。この課題は美術表現科・造形表現科と2年続けて設けています。同様の課題でも各人の習熟度で気づきが変化していきます。それぞれのレベルに合わせて寄りそった指導を行う、本校の人気授業の一つでもあります。

色彩構成

作品制作の際に色彩をコントロールする知識を養うことを目標としています。色相・明度・彩度などの色に関する知識を深めることは、各々の作品の意図を伝えるための表現の幅を広げる手助けとなります。

屋外スケッチ

近隣の神社などへ出かけてスケッチします。自然な環境にある植物や樹木をスケッチすることで、構造の理解と質感の表現の上達を目指します。屋外スケッチは、普段の外出時などで目に入る光景への関心・観察眼を持つきっかけになるでしょう。