先生紹介

清水操Misao Shimizu 日本画コース担当

日本画家・日本美術院特待

メッセージ

日本画は美しい鉱石や貝などから作った絵具を膠水で溶いて描きます。伝統技法や新しい表現を学び、絵を描く楽しさ、奥深さを感じてください。

経歴

1955年
東京都板橋区に生まれる
1980年
東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻 卒業
1982年
東京藝術大学大学院美術研究科保存修復技術(現 保存学)修了
(修了模写サロン・ド・プランタン賞受賞)同大学院研究生(~1984まで)
第67回院展初入選
1983年
第38回春の院展 初入選(~現在)
1988年
第3回有芽の会 全国更生保護婦人連盟会長賞受賞(法務省買い上げ)
1994年
第9回東京セントラル美術館日本画大賞展 優秀賞受賞
第80回院展 奨励賞受賞(1994、2009)
1996年
第30回現代美術選抜展(文化庁主催)
「更生保護」法務省保護局 表紙制作(1996~1997)
1997年
第1回田中一村記念奄美日本画大賞展入選
1998年
奈良万葉文化館所蔵作品制作
2004年
個展「夏至南風・清水操展」(箱根成川美術館)
2007年
第62回春の院展 外務大臣賞受賞
2013年
日本経済新聞ファミリーカレンダー挿絵制作
2019年
第74回春の院展 奨励賞受賞
現在
日本美術院特待

作品収蔵:外務省 法務省 成川美術館 郷さくら美術館 足立美術館 他

作品ギャラリー