先生紹介

佐藤泰生Taisei Sato 絵画コース・公開講座担当

洋画家・新制作協会会員

経歴

1963
東京藝術大学油絵科入学
1967
東京藝術大学油絵科卒業 大橋賞受賞
1969
東京藝術大学大学院修了
1970
第34回新制作展に「メイク アップ ラブ」と「ハンモック」を出品し新作家賞を受賞
1977
第12回昭和会展にて昭和会賞を受賞
1979
第43回新制作展において新作家賞を受賞
1980
第23回安井賞展に出品(以降81、82、84〜89、93年に出品)
第44回新制作展において新制作協会会員に推挙される
1981
東京セントラル美術館油絵大賞展にて優秀賞受賞、’83年に佳作賞受賞
1983
『画面構成の技法』を執筆 共著(酒井信義、室越建美)アトリエ社から刊行
1992
和光大学人文学部芸術学部の教授に就任
1994
宮本輝著「朝の歓び」(日本経済新聞連載)
1999
「ガラス絵の楽しみ」日貿出版
2006
壁画〈緑の季節 風と音と光〉制作(テルモプラネックス)
2010
芥川賞作家 高樹のぶ子著「甘苦上海」(日本経済新聞連載)
2012
芥川賞作家 高樹のぶ子著「マルセル」(毎日新聞連載)
2015
和光大学退職記念展開催
2017
「生きている時間 輝く刻 佐藤泰生の世界」(池田20世紀美術館)開催
2020
展開催 東京、名古屋、福岡 日動画廊

その他 国内外にて個展、グループ展多数
現在 新制作協会会員、和光大学名誉教授

作品ギャラリー

担当公開講座