文化専門課程 ブログ

「渋谷の美術学校」で美大卒と同等の美術表現力を体得できる

「渋谷の美術学校」こと、渋谷ファッション&アート専門学校に通う学生の方達の中には、若いころに美大に進みたかったが色々な事情によりそれができなかった、という想いを抱えてきた方が少なからずいらっしゃいます。

本校では美術表現科、造形表現科、表現研究科の3つの科を履修することで美術大学卒レベルの美術表現力を体得できると私たちは考えています。

まず、美術大学に入るためには入試を突破するためのデッサンを予備校で勉強しますが、当校では入試が無い代わりに美術表現科の共通授業ではデッサンを重点的に行います。ただ一つ違うのは、予備校で学ぶデッサンはあくまで大学入試を突破すること、そのノウハウを身に着けることを第一の目標としたものですが、当校は自分の表現を追求するための土台作りを目標としています。ですので、手先だけの技術で描くのではなく、時間をかけてしっかりとモチーフと向き合い、形や明暗を観察し、描いていくというデッサンの本質部分を大切にした指導を行っています。本校の美術表現科で1年間学べば予備校~美大1年次相当の実力がつくと考えられます。

 

美術表現科である程度技術に関する基礎ができたら、造形表現科でコース毎の分野の知識を深めながら自分の表現を追求していくための実習・課題に取り組みます。造形表現科は美術表現科で学んだことを土台にしつつも基礎という枠から一歩踏み出す(美術大学2~3年次に相当する)段階であるとも言えます。

次に、表現研究科ではアトリエにて各自の研究制作に入ります。美術大学でいえば3~4年次の段階に相当します。この段階になると団体展やコンクール、個展のための作品制作など、学校の課題ではなく本格的に作家としての制作が始まっていきます。そこでは作者の世界観や、「何を表現したいか」がとても大切になっていきます。渋谷ファッション&アート専門学校では各自の目標、個性を大切にしながら学生それぞれの良さを伸ばせるような指導を心がけています。

渋谷ファッション&アート専門学校で、美術を一生の友とするための勉強を本格的に始めてみませんか。
ご興味のある方は、まずは学校説明会にお越しください!