文化専門課程 ブログ

授業内容のご紹介ー本格的に美術を学びたい方のための体系的なカリキュラムー

「大人の美術学校」文化専門課程では、週1回程度の絵画教室やカルチャースクールでは飽き足らない、「本気で美術を学びたい!」という方に応えるカリキュラムをご用意しています。

美術表現科では全コースの共通授業として道具の使い方やデッサンの基本的な描き方、人物を描くための解剖学概論からモデルを入れた実習、色彩学の実習など、実制作に必要な知識を体系的・段階的に学習してゆきます。今回は美術表現科の共通授業の一部を課題作品も交えてご紹介します。


石膏・静物デッサン実習
初めは基礎形体の石膏をモチーフに、道具の使い方、明暗の見方、描きかたをじっくりと学び、後に石膏デッサンにも挑戦しながら描くことにおける「観る事」とは何かを学びます。
同時に色々な色・質感をもつ静物のデッサンを描くことにより、いかにモノトーンで色や質を描き分けるかということも学んでゆきます。

解剖学概論

モデルさんを前に、筋肉や骨格を描く授業です。人体の内部構造を知ることで人体描写の理解を深めます。

色彩構成実習

実制作において色彩をより効果的に扱えるようになるための基礎知識を実習を通して学んでゆきます。

美術大学で学びたかった夢を今叶えたい方や、いまから始めるからこそ本格的に美術を学びたい!という方の想いに大人の美術学校は教員スタッフ共々全力でお応えします。
ぜひ一度、学校説明会にお越しください!

(文責・文化専門課程 飯 美樹)